top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

毛穴を小さくするためには?

毛穴を小さくするための当院での治療法はたくさんあります。

レーザーピーリング、クリスタルピーリング、QスイッチYAGレーザー、IP2L、ケアシス、ヴィーナス・フリーズ、テノールなど。

どの機械を使っても毛穴を縮めることが可能ですが、当然、毛穴の状態によって、どの機械を使うのが一番効率が良いか、それは実際に見せていただかないと何ともお答えしようがありません。

一言に毛穴が開いているといっても、様々な原因があるからです。

加齢による肌のたるみ、洗顔方法の間違いであったり、メイク落としの際の順番だったり、基礎化粧品、例えば美容液や乳液などの塗りすぎでも毛穴は開きます。

かといって保湿を怠ると、また毛穴は開きます。

そしてさらに、貴女の毛穴は黒いですか? 赤いですか? それとも単にボツボツと孔が大きく目立つだけですか? など、現状によって治療法も異なります。

あと、仕事場や家のお部屋の湿度だって関係します。

この時期、ずっとエアコンを付けていれば当然部屋はカラッカラになりますよね。

これだって実は毛穴を開かせる大きな原因の一つなんです。

ちょっと専門的な話を。

肌の表面は、顕微鏡で見ると規則的な隆起があります。

ゴルフ場の芝生を連想していただければわかりやすいでしょうか。

それとも、モーグル大回転の雪面のコブコブの方がわかりやすいかな?

ゴルフでは「アンジュレーション」というのですが、このコブコブを皮丘(ひきゅう)と呼びます。

で、このコブコブの境目、つまり溝ですよね。

これはその名の通り、皮溝(ひこう)といいます。

ちなみに「肌理(きめ)の整ったお肌」というのは、この皮溝が規則正しく整然と並んだ状態をいいます。

まぁそれは余談として、この皮溝の交差する部分に、汗孔と毛穴があります。

毛穴から分泌される皮脂は、汗と共に皮脂膜と呼ばれる薄い油の膜を皮膚の表面に構成して、肌を覆い水分を逃がさない、つまり潤いを保ってくれます。

また、汗にはこの皮脂膜を作る他にも、体温を調節するための働きもあります。

毛穴って実はすごく大事な器官なのです。

あまり邪魔者あつかいしてあげないでください。

とは言うものの、鏡を見るたびに「はぁ〜」っと自分の毛穴を見つめて溜め息をついている女性の多さには驚かされますが、先ほども述べましたように、当院には…って、あんまり自分ところの宣伝するのも良くないから、それなりの美容皮膚科に行けば、ちゃんと毛穴引き締め治療の機械とコースがそろっていますから、まずは専門医の診断を仰ぐことですね。

で、お家でのケアですが、ビューティーモールのピールローションというのをうちではお奨めしています。

もちろんうちでは扱っていませんが、インターネットで検索すればすぐに出てきます。

うちのスタッフが見つけてきたのですが、結構安くて、それでいて患者さんの話を聞いても、結構効果があるようです。

一度お試しになってはいかがでしょうか。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page