top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

「初秋バテ」、「初秋カゼ」用心すべきは今なのです!

夏カゼ、夏バテとは世間で良く言われますが、本当に注意して頂きたいのは今、まさにこの8月終わりから9月上旬にかけての時期です。

今年の夏はご存知の通り、未曾有の猛暑でした。でも人間というのはおかしなもので、そういう時は、気も張って、食事や睡眠に気を配り、意外に風邪を引いたり、体調を崩したりすることは少ないものなのです。

注意すべきは今、少し気候がましになり、過ごしやすくなって来ると、これまた人間とはおかしなもので、ついつい気が緩みがちになります。そこにもってきて今年の夏の暑さで、体力は確実に消耗しています。暑くて気が張っている時にはアドレナリンが多量に分泌されて、意外とカゼなど引きにくいものですが、気が緩むと、代償的に、副交感神経支配となり、これは免疫力や抵抗力を低下させることになります。さらに、未だに夏布団で寝ている人も居るでしょう。朝起きたら布団をはねとばしている。で、カゼをひく。用心すべきは今なのです。ですので私は「初秋バテ」、「初秋カゼ」と呼んでいるくらいです。皆さん、これから涼しくなって来る「今」がいちばん注意のしどころです。どうぞご自愛ください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page