top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真クリニックスタッフ

2019年秋の消防訓練~2~

10月29日(火)消防訓練の続きです。

消化器の使い方や、使用時の注意点など消防士さんよりご指導いただきました。



当ビル設置の消化器は、どんな種類の火災にも対応できるものだそうです。 ただ弱点として、噴射時間が10~15秒(CM1本分)、 噴射距離も3~5m(車1台分)とどちらも短いとのこと。

ですので、あまり火元から離れた所で噴射を開始してしまうと、 届かない上、近づいていくうちに消化剤が切れてしまうそうです。


手順としては、 ①火元の近く(噴射射程内)まで行き、 ②安定して噴射させるために地面に置く ③ピンを抜く ④ホース先端を消化器から外し火元へ向ける ⑤レバーを握って噴射 ※火災現場ではパニックになるので、決めた手順で行う方がよいそうです。


パニックになってしまうと・・・ ・消化器本体を火に投げ込んでしまったり。、 ・ピンを抜き忘れて、レバーが引けないと慌てたり、 ・ホース先端が消化器に固定された状態でレバーを  押してしまい、地面に向けて噴射され周囲が消化剤  だらけになってしまったり・・・ いろいろなケースがあるとのこと。どれも起こりそうですよね。

ですので、やはり訓練をして体が動くようにしておく ことが大切かなと思いました。


また、初期消火の目安も教えていただいたので、お伝えしますね。

火が目の高さより低ければ→初期消火        高ければ→逃げる

目の高さくらいでも、けっこう高く怖いので、どうすればよいかお聞きしました。

あくまで目安なので、怖ければ逃げてもよいとのこと。 ただし、燃えているのは実はゴミ箱だけという ケースもあり、最初に消し止めておけばよかったと 後悔するのなら、初期消火を試みたほうがよいとおっしゃっていました。


いつ起こるか分からない火災、日頃から意識を持つことで来院される患者様の 安全に努めたいと思います。

芦屋消防署の皆様、ありがとうございました。


Comments


bottom of page