top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

酵素ダイエットと胃袋ダイエット

生けとし生けるもの全て、自然界のあらゆる生物は、 今の科学力では絶対に作ることのできない、総合化学工場だと思ってください。 その働きは精密時計の数万倍の精緻さで、しかも、自己復元力、 自己増殖力まで備えた、まさに万能化学プラントといえるのです。

さて、中学の化学の授業で習ったと思いますが、 「触媒(しょくばい)」というものを覚えておいででしょうか? これは化学反応を進めるためのタンパク質で、ごくごく少量で作用するという、 極めて優れたアイテムです。あらゆるビタミンも、コエンザイムQー10も、胃や腸から出される消化液も、酵素であり、同時に触媒です。 もちろんDNAやRNAも酵素の一種です。

触媒の大きな特徴は「ごくごく少量で良い」と言うことです。 たくさん接取する必要はありません。

ですから、酵素ダイエットでお痩せになったという方は、おそらく朝ご飯を食べずに、 酵素の飲み物だけに代えられた事で、痩せられたのだと思います。 べつに酵素でなくとも、朝ご飯をヨーグルト150グラムくらいだけにすれば、 そしてもちろんその分、お腹が空いたからといってお昼や晩ご飯を増やさなければ、 痩せるのはあたり前です。

私の提唱する「胃袋ダイエット」は 痩せたいなら食べるな、食べたいなら痩せたいと思うな」が基本理念です。

わざわざ高価な酵素を買わなくても、普通に食事量を減らせば、 痩せるのは簡単です。「質」ではなく「量」を減らすこと。 そして量を減らしたからといって種類を増やしてはいけません。 これが「胃袋ダイエット」。

覚えておいて下さい、「人間は小腹(こばら)が空いている時に痩せていく」動物です。 1日のうちに小腹が空いてる時間の長い人ほど痩せています。


それだけ覚えておいていただれば、今日から「腹の虫押え」でチョコチョコと物を口に入れる事が、 肥満の一番の原因だとお判りいただけると思います。 酵素ダイエットで痩せられた方は、酵素のおかげではなく、 酵素を「信じて」食事量を減らしたことが一番の原因だと思いますがいかがでしょう?

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page