top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真クリニックスタッフ

避難訓練をしました

当院の入っているビルにて、定期的に避難訓練をおこなっています。 毎回、火災・震災など主なテーマを変えての訓練です。

今回は、5月14日(火)に避難はしご定期点検のタイミングに合わせ、 実際に避難はしごを降りてみる訓練をしました。 当院災害時の避難経路は、院内廊下に面してある階段と、ベランダに設置されている避難はしごです。

「はしご」と名前がついていますが、実際ははしごではなく 布のトンネルのような形状のもので、筒の中を通って降りて行きます。

以前、点検時にはしごを開けて見せてもらった時に、降りていくイメージがつかめず、 今回お願いして降りてみることにしました。 蓋を開けて見ると、そのまま階下にどすんと落ちてしまいそうで恐ろしく、 最初誰も降りることができませんでした。

皆が怖がっているので、点検スタッフの方が先に降りて見せてくれたのですが、 ゆっくりと降りて行かれたので、それを見て当院スタッフも続いて降りて行きました。

もちろん私も降りましたが・・・

実際入ってみると、すぐに体がくるまれるような感じになります。 ハンモックを想像してもらうとイメージしやすいかと思います。

お尻が包まれてイスに座っているような姿勢になるので、 そのまま足でずりずりと進んで行きます。

らせん状になっているので、途中で方向感覚が無くなり、出口も見えないので 不安になりましたが、先に降りたスタッフが「こっちだよー」と声をかけながら 出口を開けて待っててくれたので、安心できました。

実際降りてみたことで、患者様を誘導するときのコツや注意点が分かりました。

避難はしごを使用するような事態にならないのが一番ですが、 もしもの場合はスタッフが安全に誘導させていただきますので、 ご安心ください。

0件のコメント

Comments


bottom of page