top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

足の裏のガサガサ

Q:足の裏のガサガサ・ひび割れはどうしたら治りますか? A:たしかに、当院ではレーザー脱毛もしていますが、せっかく膝下の脱毛に通ってキレイになっているのに、足の裏を見ればガサガサという方、結構おられます。「こんなガサガサの足の裏しとったら、百年の恋も冷めるでぇ」と冗談交じりに言いながら、ちゃんと足の裏もキレイにお手入れするようアドバイスすることがしばしばです。

で、結論から先に書いてしまいますね。やはり日本古来からの知恵、お風呂に入って「軽石でゴシゴシ」がいちばんです。先陣の叡知、というものは侮れません。しかし最近便利グッズもたくさんできています。基本は軽石ですが、おろし金のような足裏削り。

しゃもじのような形をしていて、これはとてもつかいやすい。私も愛用しています。しかし、かかとのひび割れや角化には有効ですが、「土踏まず」の柔らかいところには、ちょっと不向きです。この部分はやっぱり軽石か、もしくはナイロン製のゴワゴワしたお風呂用のへチマタオルでこするとツルツルになります。


これだけだと、医学に関するコラムになりませんので、せっかくですから、足の裏などの皮膚の角化に有効なお薬もご紹介しておきましょう。「ケラチナミン・コーワ」か「ウレパール・ローション」。これはどちらも尿素と言う、皮膚の角質層を融解させる成分が入っていますので、毎晩お風呂でお手入れの後、薄くしっかり塗り込んでおくと、足の裏もツルツル状態を維持できます。


でもやはりいちばん大切なのは日々のかかさぬケア。前述のお薬は皮膚科に行けばすぐに処方してもらえますし、昔ながらの軽石、そして最新の便利グッズを上手く併用して、人に見られても恥ずかしくない、綺麗な足の裏を保って下さい。百年の恋が冷めないうちに…。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page