top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

ダイエットと運動

運動してもなぜ太ってしまうのか?

それは簡単、消費カロリー以上に食べるからです。

チョコチョコチョコチョコ、つまみ食いしてませんか。

要は「間食」です。

絶対に、食べてます。

振り返ってみてください。

「一日のうちで小腹が空いている時間がどのくらいあるか」と。

たぶんほとんどない筈です。

小腹が空いたら、いや、空く前に、何かちょこっと口に入れる。

そういう食生活の筈です。

よく覚えておいて下さい。

人間は小腹が空いている時に痩せていく動物」なのです。

言い換えれば、1日のうちで小腹が空いている時間が長い人ほど痩せている

人間が一日で消費するエネルギー、いわゆる総カロリー量ですね、 そのうち9割は基礎代謝で消費されます。

心臓が動いたり、呼吸したり、物を考えたり、全てエネルギーを使います。

つまり、寝てても消費されるエネルギー量が基礎代謝です。

一方で運動、つまり走ったり、フィットネスクラブで汗を流したり、ウォーキンングしたり、 そんなことで消費されるエネルギー量は1日の総消費エネルギーの1割に満たないのです。

要は「運動したって痩せない」ってこと。

食べたら一緒です。

それどころか中途半端な運動は、むしろ飯を美味くするだけ。

1時間のウォーキングで消費されるエネルギーはイチゴ大福1個分です。

30分かけて歩いて和菓子屋に行って、イチゴ大福1個買って、また歩いて帰ってきてそれを食べて、ようやくチャラ。

もっと言いましょうか?

「4時間連続縄跳び」まず無理ですよね。

でも、もしできたとして、消費するエネルギーは「きつねうどん一杯分」です。

貴方はどっちを選びますか? 

4時間連続で縄跳びするか、きつねうどん1杯を我慢するか。

当院の肥満外来に通っている患者さんには、運動は禁止しています。

運動すれば必ず自分にご褒美を挙げたくなります。

「今日は2キロも走ったから、ちょっとくらい食べ過ぎてもいいか…」と、自分で自分を正当化してしまうから、運動は厳禁なのです。


運動よりも、まずは間食をやめてみてください


0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page