top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

ケミカルピーリングとクリスタルピーリングの違い

ケミカル・ピーリングは薬品を使って、角質層を一層だけ溶かそうとするものです。 それと違ってクリスタル・ピーリングは、 アルミニウムの微粒子を皮膚に高圧で吹きつけて角質層を削り取ります。 お掃除に例えれば、カビキラーなどの薬品で汚れを溶かしてしまうのがケミカル、 クレンザーで磨き取るのがクリスタルだと考えて下さい。

でも、磨き砂で削るほうが細かい傷がつくような気がしますよね? 

ところがそれが逆なのです。


まず、ケミカル・ピーリングで使う酸にカブれる人の多いことが挙げられます。 いろいろな薬品を試した結果、フルーツ酸がいちばんマシということになってはいますが、 それでもカブれる人は多いです。

さらにケミカルでは、顔全体に同じ薬を塗るため、 まぶたなどの皮膚の弱い部分も鼻のような皮膚の厚い部分も同じようにピーリングしてしまいます。


その点クリスタルは施術者が微妙な強弱をつけて顔の部分を少しずつピーリングしますから、 まぶたなどは避けてピーリングでき、結果的に肌に優しいピーリングになります。

ですので、当院ではクリスタルピーリングをさせていただいております。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page