top of page

閲覧中の各特設サイトへ戻るには上記ボタンからどうぞ

  • 執筆者の写真松本浩彦

「VIOは女にさせるな!3」

さぁ、良いことずくめのVIOの脱毛ですが、一つだけ大きな問題があります。それは「痛い」こと。人間の最も感覚の鋭敏なところですから、Iラインの脱毛なんて、そりゃあもう、痛いのなんの。うちではしっかり股を拡げてもらって、陰唇を指で除けて、キッチリ隅々までレーザーを照射します。痛がって身を捩らせる患者さんから、これまでなんど頭にヒザ蹴りをくらったことか。


「先生、ゴメ~ンッ!」「いいのいいの、慣れてるから。いつも蹴られてるから」こんな会話が日常茶飯事です。 でもいちばん痛いのは一回目です。レーザーは黒い部分に吸収されますから、二回目以降は毛が減って、それだけ痛みは楽になります。痛いですから当然レーザーのパワーは落として照射します。でも、膝下や肘の毛に比べて、アンダーヘアーは太く濃いため、残念ながら三回で綺麗には脱毛できません。むしろ腋下の毛ほど太いので、パワーを落とすと五回は照射が必要です。

当院では最近は一回目のVIOの脱毛に来る方には「ロキソニン」を飲んで頂いています。家を出る時に一錠、飲んできて頂くと、ちょうど病院に来る頃に効果が出てきますので、少しでも脱毛の痛みがマシになります。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page